携帯スマホ料金節約

スマホ料金が高すぎる!

スマートフォンの普及が進み、いつでもどこでもネット閲覧・動画視聴などができるようになりました。一見便利なように感じますが、「文字が入力しにくい」「電話がしにくい」「落として画面を割ってしまった」などの不満もよく聞かれるようになりました。

 

そんな中でも、一番多い意見が

 

「月額料金が高い!!」

 

という不満です。

 

例えばNTTドコモで考えると、

 

最大通信量2GB 最大通信量5GB 最大通信量8GB
5,900円+機種代金 7,200円+機種代金 8,900円+機種代金

 

上記のような料金体系になっています。auもソフトバンクも料金に関しては横並びなので、ほぼ同じ月額料金がかかってきます。

 

つまり、一番安くても6000円弱、高い場合は9000円近くの料金がかかってくるわけですね。

 

なんでそんなに高いの?

 

ここで少し疑問が浮かびます。

 

「どうして月額料金がこんなに高いんだろう?」

 

という疑問です。

 

理由はいろいろあるのですが、中でも大きな原因としては「過度なダンピング防止」があります。

 

現在、日本人のほとんどがスマホを持っています。一部の人は何台も契約したりしますが、ほとんどの人は1台持てば十分です。そのため、携帯キャリア会社にとっては「新規客が非常に獲得しにくい」状況になっています。

 

なので、シェアを伸ばすにはよそのキャリアから客を奪うしかありません。なので、MNP(番号そのまま乗り換え)を推進したりして、他のキャリアの客を乗り換えさせようとしています。

 

もし、ここで1社がシェアを奪おうとして月額料金をグッと値下げしたとします。すると、当然大量のユーザーがその会社に乗り換えます。

 

他の2社は、対抗するためには同様に値下げするしかありません。なのでドンドン値下げ競争が起こってしまいます。ただ、ここまでは他の業界でもよくある話です。

 

通常、商売で値下げをするのは新規のお客さんを呼び込むためです。値下げをした分、「安いなら買ってみようかな」というお客さん相手に多く売って利益を得ようというわけです。なのである程度の値下げは売り上げ増加につながることが多いです。

 

ところが、先ほど書いたとおり、スマホ業界は新規のお客さんがほとんどいないので、値下げをしたらその分だけ業界全体の利益が落ち込んでいくだけなのです。でもシェアを取るためにはさらなる値下げをするしかなくなり、地獄のダンピング競争に突入してしまいます。

 

今日本の携帯キャリア会社は「NTTドコモ」「au」「ソフトバンク」の3社となります。この3社は表向き、競争をしてシェア争いしているように見えますが、後ろではなんだかんだで密接に繋がっており、値引き合戦にならないようにお互い調整し合っています。その証拠に、各社の月額料金はほぼ横並びで、違いはほとんどありません。

 

あとは、「このくらいなら払えるだろう」という料金を設定するだけです。事実、スマホの月額料金は最安で6000円程度となり、払えないこともない金額です。

 

スマホ料金を安くする方法はない?

 

「じゃあ、節約は無理なのか…」

 

というと、そんなことはありません。誰でも簡単に、数千円の節約ができます!

 

実は、現在格安SIMというものが出回っており、安いものでは月額1000円以下、高くてもせいぜい月額3000円程度で利用することができます。

 

スマートフォンの中にはSIMと呼ばれるチップが入っており、それが通信などを管理しているのですが、そのSIMを他社のものに入れ替えるだけで簡単に月額料金を節約することができるのです。

 

元が月額6000円だとしたら、月額1000円のSIMに入れ替えれば毎月毎月5000円の節約になります。つまり年間60,000円の節約ということです。これ、非常に大きいですよね?

 

難しそうに感じるかもしれませんが、実際は本当に簡単で、スマートフォンからSIMを取り出して入れ替えるだけでいいんです。あとは細かな設定等はありますが、設定方法は商品のマニュアルに記載されているので複雑な作業は全くありません。

 

格安スマホ・格安SIMランキング

 

DMMmobile

 

Y!mobile

 

U-mobile